きれいな髪

すっぽんの歴史

すっぽんの歴史を見ますと中国では3000年前から食され、楊貴妃も愛用したそうです。
また約2000年前の中国の書物には漢方薬として記載されています。
日本では縄文時代の貝塚から化石が出土していて、弥生時代の遺跡からも骨が確認されています。
なお、日本で食するようになったのは江戸時代中期からのようです。

すっぽんが健康食品として食された歴史はこのように中国では3000年ほど前で、2000年ほど前にはその栄養価の高い点が注目だれて漢方薬として珍重されたようです。
この記録ではすでに頭や甲羅および肉や卵、さらには血や胆のう、脂肪など各部位がそれぞれ特有の効能http://www.desperatehouseflies.com/indication.htmlを持つとされています。

一方日本でも歴史は古く、縄文時代の貝塚からの化石が出土されています。
以降、弥生時代の登呂遺跡でその骨が発見されていて、続日本紀が書かれた文武天皇元年9月の記述にも記されています。
一般的に食するようになった歴史は比較的新しく、江戸時代中期身体とのことです。
時を経た今では高級食材ですが、江戸時代の当時は一般の人が食していたと考えられます。

すっぽんの養殖の歴史は明治時代以降からで、本格化したのは1980年頃からとのことです。
なお、日本では、肉身と内臓、血や卵、甲羅などほとんどの部位が活用されていて、食用以外には漢方薬やサプリメントなどの健康食品とされています。
ちなみに養殖をするようになってからは、メスは繁殖用ですがオスを食用にしているそうです。
その他の国ではすっぽんのコンソメスープが高級料理とされ、世界各国のグルメ通の間で人気があるとのことで、日本や中国のように肉身は食さないようです。

すっぽんの歴史を見ますと最初に着目したのは中国で、約3000年前から、日本では縄文時代からという古い記録があります。
日本では江戸時代中期から一般に食され、さらに養殖が始まったのは、明治時代以降で、1980年頃には養殖が確立されたとのことです。